のんびりと...潔く 飄々と...
犬の褥瘡治療・介護のまとめ


 
こんにちは(* ⌒ ∇ ⌒ *)

家には先月まで17歳になる老犬のシベリアンハスキーがおりました。
昨年から少しだけ、褥瘡治療について記事を書きましたが、内容は簡単で説明が足りなかったかと思いましたので『まとめ』としてこちらに書きますね。

褥瘡(じょくそう)とは、いわゆる床ずれです。
私は、実際に褥瘡治療を試みて、治るものだという印象を持ちました。
もし、自宅のわんちゃんなどが褥瘡で、治療に悩んでる方がいて、こちらを覗かれたのであれば 少しでも参考になったなら幸いです。

**********************************
家は、元々、犬は庭で飼育しておりましたので、「信じられな〜い」「外で〜?ありえな〜い」とお考えの方には理解出来ないかも知れませんね。
しかし、うちのムギ(犬の名前)は、他のお家に暮らした、数頭いた兄弟のどの犬よりも長生きでした。長生きが幸せかどうか...それも考え方の相違があるかと存じます。猫はお家の中のみで飼育しております。
**********************************

15歳を迎える夏、ムギはかなり筋力も衰えて、動きは緩慢になっていました。
そのため、楽な姿勢で過ごす時に地面にあたる四肢の関節部などに床ずれができてしまいました。年齢と症状を考えたら、外での環境は、非常に過酷なため家の玄関内での飼育に変えました。
元来、小屋があるにもかかわらず 外の地面に横になるのが大好きなムギにとっては家の中のタイルの固さは心地いいとは言えない環境でしたが、そのときの状態では、それが家でできるベストの環境でした。
 *タイルでは、犬は滑って歩きにくいので
ホームセンターなどに売っている、樹脂素材のような、四角い編み目状に硬めに加工された敷物を敷いておりました。写真があれば説明しやすいのですが残念。

 床ずれ箇所は、数カ所。
大きくても1,5センチぐらいだったので、獣医さんの判断で、患部は乾かして治療する方法を選びました。表面の傷の大きさより、深く壊死した部分の状態が心配でした。実際には獣医さんも、長い治療期間が必要だと説明されました。とにかく身体を清潔にして患部がわかるように伸び過ぎた皮毛を何カ所も剃りました。

それから数日で状態はみるみる善くなっていきました。粉のお薬を付けてガーゼでくるんだ脱脂綿をあて、くっつく包帯で巻いておさえる処置を毎日繰り返しました。処方された抗生物質の飲み薬も併用。

ムギは幸いなことに、食欲はすぐに元通りに戻り、狭い玄関の中ですが普通に歩いて排泄も正常に自力で出来ました。足の筋力が衰えた以外は年齢のわりに元気そうでした。
家の周りをゆるゆるとお散歩も出来ました。
 そして数週間で殆ど完治しました。
その後はムギは玄関での生活になったのです。

それから1年が経った昨年の夏、暑さに弱いムギは更に筋力も衰えて...横になる時間が長くなりました。そして、今度は足ではなく、横になったときに床に当たる身体の肩の関節部分に大きく褥瘡が出来てしまったのです。

獣医さんに相談した結果、今度は『湿潤療法』で治療しましょうということになりました。
湿潤療法は、患部を乾かさずに、漿液(しょうえき[傷から出る液体、汁])を出して患部の表面を覆って乾かさないようにしながら、皮膚の下の組織が再生するのを待つ治療です。
患部自体は消毒しないで清潔にするため、きれいな水で洗い流して拭いて、傷のまわりは消毒薬で拭きました。

101010_1300~01.jpg

写真の消毒薬は獣医さんの処方です。患部の周りを清潔にするためのお薬で、薄めて使います。
白色ワセリンは市販薬を購入しました。水で洗ってきれいにした患部に直接つけて空気に触れないようにします。(必要ならその上から患部の大きさにカットした薄いフィルム状のものでラップします、これはスーパーなどに太巻きで設置してあるビニールをカットして使ってもいいですね)そしてその上に、漿液を吸収するためと、クッションの効果のあるペットのおしっこ用シーツなどを患部を充分に覆うように被せて保護します。

101010_1251~01.jpg
*写真はシーツを切って折り畳んで穴あきビニールで包んだものです。こうすると、漿液
の戻りと乾燥を防ぐことが出来ます*

この処置を2日〜3日に一度ぐらいにしました。
傷の状態によりますが、なるべく患部を空気にさらさないようにするために、頻繁に取り替えたりしないようにと、獣医さんから指導されました。


100911_1246~01.jpg100922_1700~01.jpg



褥瘡の治療にいちばん重要なことは、同じ部分に長時間の刺激を与えないように、寝たきりの場合は、数時間ごとに体勢を変えてあげることです。

患部の状態がひどいときは
私は短くて30分、普通は1時間から2時間に一度ぐらいに寝返りをうたせてあげました。
深夜は3時間から4時間になってしまうこともありました。

横になったままなので、玄関にムギの身体を全体に乗せられる低反発のマットを敷きました。
これは、かなり効果があったと思われます。

治療を始める前は、眠る時にも目を完全に閉じなかったムギが、すやすやと目を閉じて休むようになりました。

数ヶ月はかかりましたが、患部はほぼ完治しました。
剃った皮毛もふさふさと復活。
それでも、褥瘡の再発を懸念して、肩にはクッションになるようにシーツをたたんだものを、ずっとあてがっておりました。

 半年ぐらい前には、自力で尿を出すことが出来なくなったので、伴侶がムギの膀胱をもみながら上手に放尿を促してくれていました。排便も人の手を借りなければ全く排泄出来なくなっておりました。時々、腸を揉んで 溜まったガスを出させてあげるだけでも楽になったようです。
食事は亡くなる2ヶ月ぐらい前からシリンダーを使って口の横から入れるやり方です。やわらかい固形フードをお水でふやかしてペースト状につぶしたものが主です。

今年の7月にムギが亡くなるときに、数ヶ月前から実はまた褥瘡治療をしておりました。以前ほど大きな患部ではありませんでしたが、ワセリンを塗ってラップ療法を続けておりました。体力が落ちて衰えていくなか、患部は少しずつですが よくなってきていたのです。


*お家の中で丁寧に育てて暮らしているわんちゃんでも、褥瘡が出来てしまうことはあります。褥瘡は、1日でできてしまうこともあります。褥瘡治療の方法は人間とおんなじです。


*********************************
褥瘡治療について、気がついたことがあれば、またこちらへ追記します。

一昨年に、要治療の状態で、毎日、数回処置して包帯をかえていた猫のお話も
いつか資料として記事にしようと思います。

*若いときに、野良猫の里親を探したり、病院へ連れて行って避妊手術をしてもらったり...海に袋詰めにされて捨てられていた生後間もない3匹の仔猫を連れて来たこともありました。その後 里親をみつけました...もうずいぶんと以前のお話です。すべて伴侶と2人でしたこと。それは、自分に出来た精一杯のやり方でした。

 私は、ただの動物好きの人や、思っていても何にも出来ない人のことも、好きです。
慈しみの気持ちで 思ったり 考えたりすること それはとても大切なことだと感じるからです。
一生懸命に真っすぐに行動する人も好き。
 みんなおんなじ人間です。つながっているのです。そう思います。
まわりの人には優しい気持ちで接したいものです。そういう気持ちで動物にも触れたい。。。言葉が足りなくて伝わらないけど...。


目を通して下さった方に感謝いたします。

**どうもありがとうございます***








*誹謗中傷、罵詈雑言、敵意のある批判、悪意のあるコメントなどは管理者の一存で 然るべき機関に提出する所存です*


******************************************



*動物の介護や治療は相手を大切に思うからこそ、精神的にもダメージを受けることがあります。
手当をするあなたが、健やかな気持ちで患者である動物に接することが出来ますように。。。心から応援しています。2012/6/11

******************************************






*2016/8/4*追記*訂正です*「ペットのおしっこ用シーツ」や「シーツ」と書いてあるのは、ペット用のおしっこシートやトイレシートのことです。紙おむつのような素材の吸収力のある 一般に市販されているものです。 *写真のぴんく色のお薬と一緒に 上から撮った円柱形の白い物は 幅の広い医療用テープです。普通の包帯ぐらいの幅があります。 *穴あきビニールに包むおしっこシートは切った部分から バサバサと中から細かいものがこぼれたりするので患部に付くのを避ける為に切り口を紙テープで閉じたり、たたんだときに紙テープでとめて処理してました。 *2016/12/29*追記*誤字訂正です* この記事の自分のコメントで 「裂けて...」という表現の漢字を間違えて「避けて...」と変換していました 読み返した時に全く気がつかなくて そのままになってました。。。今頃 気がついてしまったので訂正しておきます*
14:52 老犬介護・褥瘡治療のまとめ comments(6) -
web拍手 by FC2
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
*いらしゃいませ*
のばらねこの本棚
今日のお星さま
今日のお月さま